面接対策のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 面接対策のポイント
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

面接

株式会社イースト5では、社員の服装は自由、髪型自由となってはいますが、流石に面接の際に身だしなみの整っていない方については、どうしてもマイナスなイメージを持ってしまいます。

例えその会社が自由な社風であったとしても、面接の際には、最低でも襟付き、清楚な身だしなみでお越しいただきたいものです。

ただし、だからといって蓄えていた髭をそってきたり、髪をばっさり切ってくる必要はないと思います。(当社限定のアドバイスとなりますが・・・)
無精髭や頭髪がざんばらでなければ、問題ありません。

一般的には、スーツをビシッと着こなしネクタイにも気を配ったほうが受けはいいのでしょうが、弊社の考えではいままでの経験上、身なりに誤魔化されてしまうことがしばしばです。

まぁ、「第一印象の50%は外見で決まる」と言われていますから、きちんとしておくことは大切なのですが、弊社では、見た目よりもむしろ、その方の表情や話し方、はきはきとした話し方や所作などの内面を見ていきたいと思っています。

あと最近気になるのは、携帯電話の対応です。
これはよく注意しておいたほうがいいかも知れません。
これまで弊社の面接の中で、マナーモードにして来られた方が数名ほどいらっしゃいます。
念の為に気をつけてマナーモードにしたようですが、残念ながらマナーモードの場合、バイブ機能が働いてしまいます。
これによって、面接での話が中断してしまいますし、悪印象を与えてしまいます。
ですので、面接を受ける場合には、絶対に携帯電話の電源を切っておいたほうがいいでしょう。

また、面接の際には、会社の受付から面接が始まっていると考えてください。
見られていないときの所作こそが、とても重要なのです。

あと、面接に遅れそうな場合は、早い段階で速やかに連絡をとるように心がけましょう。
遅刻することでマイナスイメージになってしまうと思われがちですが、きちんと早めに連絡を取ることで、問題を回避することができます。
これは、実際の仕事の中でも起こりうることですので、素早く対処する能力を身につけるようにしましょう。