転職活動する前に

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 転職活動する前に
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

パソコンの操作

そのときの勢いだけで転職を考えてはいけません。

転職活動を行う前には、本当に転職すべきかどうか、そのときの感情だけで行動を起こしていないのかどうか、はっきりと転職する目的を十分理解したうえで、有効な転職手段を考えるようにしましょう。

これから先の自分の人生を考えていくうえで、得のいく転職を実現するためには、きちんとした事前の準備が何より大切なのです。

なぜ転職したいのか?

転職を考える前に、なぜ今の会社を辞めて転職したいのかをじっくりと考えましょう。
一番やってはいけないのが、勤務先への不満や上司との軋轢、一時的な感情だけで転職しようと考える、後ろ向きな転職です。

例え、そのような要素が少しはあるにせよ、転職するには、まず「自分がどのような仕事をしたいのか」「どんな会社で働けば満足できるのか」を一番に考えるようにしましょう。

悪い例
「この会社は自分をわかってくれない」「自分をきちんと評価してくれる人がいない」「自分のやりたい仕事がないし、面白くない」
このような理由で会社を辞めてしまうことだけは避けてください。
このような姿勢で会社を辞めてしまっては、遅かれ早かれ、次の会社に行ったとしても同じような理由で辞めてしまうことでしょう。

転職の目的を明確に

まずは自分のやりたいこと、そして自分の未来を考えた時に、いまの会社のままでいいのか?それともさらなるステップアップを望むのか?

その部分をはっきりさせたほうがいいでしょう。

そうすることにより、漠然と転職しようと思っていた考えが、具体的に「自分のやりたいこと」を実現できる会社探しというものができるようになります。

自分の自己分析

自分のやりたいこと、転職したい会社などが漠然と見つかったら、今度は自分自身を見つめなおす時間です。

いままで自分はどんな仕事をしてきたのか?またどのような技術を見につけてきたのか?
客観的に自分を見つけ直して、自分自身のキャリアを振り返ってみましょう。